研究開発支援

各種の研究開発の補助金や
支援制度を揃えています

各種支援・補助金

ものづくり企業応援
技術開発・新事業展開

地域企業のものづくり技術や
ノウハウを更に高め、全国に発信

技術開発支援

技術や経営等の
研修・セミナー

高度な技術研修から事業運営まで
多様な研修を揃えています

イベント・セミナー

会社と社員を成長させる

今まで2年以上にわたりマーケティングのエッセンスを連載してきましたが、その間、津山から様々な新商品の開発と発信が次々始まるようになりました。そこで今回から「会社の成長」というテーマで書くことに致します。
とかく縁の下の力持ちや、ニッチな商品といったイメージを持たれがちな中小企業。しかし最近ではこうした「古典的」な中小企業から飛び出し、大企業にはないスピード感で新商品を開発し一気に大きくなる企業も増えています。
私はどの中小企業でも大きく成長できる可能性を持っていると考えています。貴社もせっかく事業をするなら社会に大きく影響を与える存在を目指してみませんか?
小さい会社が大きくなるために必要な要素は何か。それは①ビジョン、②戦略、③マネジメント、④人です。これらのどの一つが欠けても成長はできませんし、4つとも揃ったら必ず成長するというくらい本質的なものです。そして、いずれも経営者の考え方ひとつで整えることができます。
「ビジョン」は会社が長期的に目指す方向です。「戦略」はそれを実現するための道筋と組立て、「マネジメント」は戦略を確実に実行するためのリーダーシップです。以下それぞれについて見ていきましょう。
ビジョンは会社として目指す大きな目標を社員全員で共有するという点に重要な意義があります。そのためあまり抽象的ではビジョンとしての役割を果たしません。例えば「技術を通じて社会に貢献する」などの社是は会社の使命を表すものではありますが、具体性に欠け、戦略に落とし込むことが難しいためビジョンとして適切とは言えません。
またビジョンは会社の存在意義を示すものでもあります。

そのため「売り上げ○○億円の企業にする」といった営業目標に近いものも、会社の存在意義を示すものが入っておらずビジョンとは言えません。
実は本当のビジョンとは経営者の心の内にあります。それは教科書を見ながら無理やりつくるものではなく、経営者としての自分が顧客や社会に何を提供したいのかを深く考え、言葉で共有できる形にするものです。経営者の本気が伝わるビジョンは社員や顧客の心を打ち、組織が大きく動き出すようになります。
当センターでも各企業の戦略づくりの支援を行うときは、まず経営者の思いを聞くことにしています。経営者は日常の忙しい業務の中で元々志していたことを忘れてしまったり、あるいはあきらめていることがあります。しかしそこに再度立ち返ることが強力なビジョンづくりには欠かせないのです。
次に大切なのはそのビジョンが社会の潜在的なニーズと合っているかです。関連図書を読んだり、色々な人に話しを聞いたり、視察したりして世の中の現状をしっかり確かめましょう。社会の潜在ニーズと合わないビジョンが成就することはありません。逆に「それ面白いですね」と言ってくれる人に多く出会ったら、それは大きな鉱脈を探し当てたサインかもしれません。
もう一つ大切なのは競合状況の分析です。自分の構想を既に他の人が思いついて実践しているケースも多々あります。ただし競合がいても簡単にあきらめず、その事業内容を自分なりに分析してみましょう。表面的なものか本質をついたものか。その深みが最後にものを言います。<続く>